■最新情報 / Information

山本浩貴氏の著書『現代美術史』の帯に、ベジタブル・ウェポンが使われました。

 

現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル 

山本浩貴 著
中公新書

http://www.chuko.co.jp/shinsho/2019/10/102562.html

 

■展覧会情報 / Exhibition

NEW

de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築

2020年6月27日(土) 〜2020年9月27日(日)

10:00〜18:00(金・土曜日は10:00〜20:00)

金沢21世紀美術館

休場日:月曜日(ただし8月10日は開場)、8月11日(火)、9月23日(水)

コロナウイルスへの対応は美術館のHPをご確認ください。

de-sport: The Deconstruction and Reconstruction of Sports through Art

2020.6.27 (Sat.) - 2020.9.27 (Sun.)

10:00–18:00(until 20:00 Fridays and Saturdays)

Venue :21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

Closed:Mondays (open August 10), August 11, September 23 (Wed)

 

本展は、東京2020オリンピック・パラリンピックを翌年に控え、芸術の視点からスポーツの意味を問い直す展覧会です。展覧会名「de-sport」(デスポーツ)は、中世フランス語で「楽しむこと」を意味する「desport」(デスポール)」と、英語で「スポーツの解体・再構築」を意味する「deconstructed sport」(デコンストラクテッド・スポーツ)をかけあわせた言葉です。スポーツは、その起源をたどれば、「日常の労働から離れた遊び」を意味し、音楽や演劇、絵画、舞踏などの芸術も含むものでした。磨き上げられた身体と技巧を誇示し、勝敗を競うことをエンターテインメントとして商品化する現代のスポーツに対して、本展はその起源に立ち返り、芸術の視点から、遊戯、身体、国家、戦争、非言語コミュニケーションといった今日の諸問題などを映し出す社会的構造物としてスポーツを再考します。9カ国10作家の芸術的視点から解体・再構築されたスポーツをぜひ観戦してみてください。

 

In anticipation of the Tokyo Olympic and Paralympic Games next year, this exhibition sets out to reexamine the significance of sports from an artistic perspective. The title, de-sport, is a newly coined term derived from the medieval French word desport, meaning “to enjoy,” and the idea of dismantling and rebuilding sports, expressed by the phrase “deconstructed sport.”* In tracing the etymology of the word “sport,” one finds that it originally meant “an enjoyable diversion from routine labor,” and included artistic pursuits such as music, theatre, painting, and dance. In contrast to contemporary sports – a parade of consummate physiques and skills, and a commodification of competition as entertainment – this exhibition returns to the roots of sports and adopts an artistic viewpoint in order to reconsider these activities as social constructs that reflect various issues of the day, including play, the body, the state, war, and non-verbal communication. Don’t miss this chance to watch and experience sports, deconstructed and reconstructed from the artistic perspectives of ten artists from nine countries around the globe.

NEW

アーツ千代田 3331特別企画展「アーリー90's トーキョー アートスクアッド」展

キュレーター 西原 珉

2020年03月18日(水)〜04月29日(水・祝)

3月18日(水)17:00-20:00/3月19日(木)〜 4月29日(水・祝)12:00-20:00 最終入場 19:30

会期中無休

アーツ千代田3331

Early 90’s TOKYO ART SQUAD

Curator: Min Nishihara

March 18, 2020 – April 29, 2020

12:00 – 20:00 (March 18 17:00-20:00)

3331 Arts Chiyoda, Tokyo


[出品作家]会田誠、飯田啓子、伊藤敦、岩井成昭、宇治野宗輝、大岩オスカール、オクダサトシ、小沢剛、鈴木真梧、曽根裕、竹内やすひろ、中ザワヒデキ、中村邦夫、中村政人、八谷和彦、ピーター・ベラーズ、福田美蘭、松蔭浩之、MOJOWORK

[インタビュー・資料提供協力者]アズビー・ブラウン、池内努、神谷幸江、黒沢伸、小山登美夫、謝琳、白石正美、高石由美、林保太、パルコ木下、眞島竜男、米山馨