■最新情報 / Information

NEW
シンポジウム
「石膏像の歴史、その受容と展開」

日本における石膏像受容の歴史とその後のユニークな展開について、「石膏像/石膏デッサン」をテーマとした小沢剛の新作インスタレーション制作に至る経緯も交えて議論します。 

 

2月4日(日)14:00より(13:30開場予定)

11階講堂にて

参加無料(要展覧会チケット)

先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)

 

 【出演】小沢剛、金井直(近現代彫刻史研究・信州大学人文学部教授)、荒木慎也(美術史家・多摩美術大学ほかで非常勤講師)

-----------------

 

アーティストトーク

小沢剛がゲストとともにデッサンをしながら、その経験にもとづいた話を広げていきます。

 

【出演】小沢剛、会田誠(美術家)ほか

 

 

2月17日(土)15:00より(14:30開場予定)

11階講堂にて

参加無料(要展覧会チケット)

先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布) 

 

-----------------


■Symposium 

”The history of a plaster figure– its Reception and Expansion” (in Japanese)

【Speaker】

Tsuyoshi Ozawa,

Tadashi Kanai (Professor, Shinshu University Department of Philosophy & Art Communication)

Shinya Arai (Art History / Part-time Lecturer, Tama Art University Faculty of Art and Design General Education)

Tsuyoshi Ozawa and guests discusses about unique history of to accept and expand “plaster figures / plaster-figure drawing”. Also about includes background of a new installation.

Date: 14:00-, Sunday, February 4, 2018 (Doors pen: 13:30)

Venue: 11th floor, Chiba City Museum of Art

Capacity: 150 (booking required)

Fee: Free (exhibition ticket required)

Booking: On that day from 12:00, numbered tickets will be issued on the first-come-first-served basis. 

-----------------

 

■Artist Talk (in Japanese)

Tsuyoshi Ozawa, Makoto Aida (Artist),and more...

Tsuyoshi Ozawa and guests makes plaster-figure drawing and talks about it.

Date: 15:00-, Saturday, February 17, 2018 (Doors pen: 14:30)

Venue: 11th floor, Chiba City Museum of Art

Capacity: 150 (booking required)

Fee: Free (exhibition ticket required)

 

Booking: On that day from 12:00, numbered tickets will be issued on the first-come-first-served basis. 

 

横浜トリエンナーレで展示中の「帰って来た」シリーズについてのレビュー
「小沢剛《帰って来たK.T.O.》、「コレクション+ アートの秘密 私と出会うための5つのアプローチ」

 

住友文彦(アーツ前橋)2017年09月15日号

コチラ

■展覧会情報 / Exhibition

NEW
小沢剛個展

「不完全:パラレルな美術史」

2018年1月6日[土]―2月25日[日]

千葉市美術館

more info

 

現代アーティスト小沢剛(1965-)は、自らの周りや美術の歴史などから様々な事象を拾い上げ、笑いを誘うユーモアと鋭い分析的視点を備えた作品に仕立てあげてきました。本展では、新作インスタレーションを筆頭に、小沢が日本美術史からテーマを得て制作した作品を中心に展示します。

 今回の展覧会タイトルとして選ばれた「不完全」とは、明治時代に活躍した美術史家であり東京美術学校(現・東京藝術大学)の初代校長である岡倉天心(覚三)の著書『茶の本』に頻出する言葉です。「不完全」とは完全に対するネガティブな言葉ではなく、完全を目指す途上に立つ、限りなく豊かでやさしい意味をもちます。

 本展は小沢にとって、関東で開催される久々の大規模個展となります。この機会にぜひ、そのユニークな作品世界に触れてください。

 

Tsuyoshi Ozawa solo exhibition

Imperfection: Parallel Art History

6th January [Sat.] – 25th February [Sun.]

Chiba City Museum of Art

More info

 

Contemporary artist Tsuyoshi Ozawa (b. 1965) picks out various phenomena from his own surroundings and from the history of art, turning them into fantastical artworks possessed of humor and a keen analytical point of view. At this exhibition, we present a range of Ozawa’s works, including a new installation, with a particular focus on pieces inspired by themes from Japanese art history.

The “imperfection” in the exhibition title is a word that appears frequently in The Book of Tea by Okakura Tenshin (Kakuzo), an art historian who was active in the Meiji period and became the first dean of the Tokyo Fine Arts School (current Tokyo University of the Arts). Here, “imperfection” is not a negative word meaning the opposite of “perfection”; rather, it has a boundlessly rich, gentle meaning indicating a stage on the path toward perfection.

This is Ozawa’s first major solo exhibition to be held in the Kanto region for some time. Don’t miss this opportunity to catch a glimpse into his unique artistic world.

 

ジャパノラマ―1970年以降の新しい日本のアート

2017年10月20日- 2018年3月5日

ポンピドゥー・センター・メッス(ロレーヌ地方、フランス)

主催:ポンピドゥ・センター・メッス、国際交流基金

キュレーター:長谷川祐子

 

大阪万博が開催された1970年以降の日本の現代美術、視覚文化を概観的に俯瞰する。約100人・組の作家による350点あまりの作品を紹介する大規模な展覧会です。 2018年の日仏友好160周年、また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、メッスにおけるジャパンシーズンの一環として日本の社会や文化への関心を喚起します。

 

小沢は初期の写真シリーズ「地蔵建立」を展示します。

 

Japanorama - new vision on arts in Japan since1970

20 October 2017 - 5 March 2018

Centre Pompidou-Metz in France,

http://www.centrepompidou-metz.fr/en/node/42512

Curated by Yuko Hasegawa

 

Featuring Japan’s whole artistic and architectural transformations from the post-war years up to now.

 

Ozawa will show his early photographic work – Jizoing.

ふぞろいなハーモニー

中間美術館(北京)

2017年11月4日〜2018年2月4日

 

主催:中間美術館、ゲーテ・インスティテュート

キュレーター:キム・ソンジョン、キャロル・インハ=ルー、ファン・チェンホン、神谷幸江

 

2017年10月11日から中間美術館(北京)で開催予定の展覧会は、社会的、政治的、さらにそうした変化をうけ文化的にも大きな変化の起こった現代への分岐点と言える1980年代末から90年代に注目し、この時代の美術動向を探求します。韓国、台湾、中国、日本それぞれの地域で当時アーティスト/グループによって美術表現を通じ新たな運動、試みが行われました。それぞれの動きは異なる動機による関わりない動向でありながら、社会政治的な変化に共鳴したという共通点と、その後加速するグローバルな動きに触発された交流も見出せます。

北京展では各地でそれぞれ一つの美術動向/グループ活動に眼差しを向け、その斬新な活動と意義、その後現代まで続く美術シーンに与えた影響を探求します。

 

Discordant Harmony

November 4, 2017–February 4, 2018 

Inside Out Museum, Beijing

Organised by Inside Out Museum, Beijing / Goethe-Institut

Curated by Sunjung Kim, Carol Yinghua Lu, Chien-Hung Huang, Yukie Kamiya

 

Art and China after 1989: Theater of the World

2017年10月6日- 2018年1月7日

 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)

 

西京人の作品が展示されます。

 

Art and China after 1989: Theater of the World

October 6, 2017 –January 7, 2018

Solomon R. Guggenheim Museum, New York

 

more info

 

Art and China after 1989: Theater of the World is a major exhibition of contemporary art from China spanning 1989 to 2008, arguably the most transformative period of modern Chinese and recent world history. The largest show of this subject ever mounted in North America, it offers an interpretative survey of Chinese experimental art framed by the geopolitical dynamics attending the end of the Cold War, the spread of globalization, and the rise of China. The arc of this international history, beginning with the crushed utopianism of the nationwide democracy movement and culminating in the conflicted euphoria surrounding the Beijing Olympics, provides the framework for the Guggenheim’s show. Art and China after 1989 examines how Chinese artists have been both agents and skeptics of China’s arrival as a global presence, and seeks to reposition a Sinocentric art history in a way that sees China as integral to the emergence of the global contemporary. More to see

 

Xijing Men’s work will be exhibited.