■最新情報 / Information

山本浩貴氏の著書『現代美術史』の帯に、ベジタブル・ウェポンが使われました。

 

現代美術史 欧米、日本、トランスナショナル 

山本浩貴 著
中公新書

http://www.chuko.co.jp/shinsho/2019/10/102562.html

 

■展覧会情報 / Exhibition

コロナウイルスへの対応は各会場のHPをご確認ください。

NEW
2020年 開館記念 秋冬プログラム
小沢剛展

「オールリターン—百年たったら帰っておいで 百年たてばその意味わかる」

2020年10月10日(土)〜2021年3月21日(日)

弘前れんが倉庫美術館

https://www.hirosaki-moca.jp/exhibitions/tsuyoshi-ozawa/

 

このたびの東北地⽅初となる⼤規模な個展に際し、作家は弘前ゆかりの近現代の⼈物「S.T.」を題材とした、《帰って来た》シリーズの新作を構想。イランの看板職⼈やミュージシャンらの協⼒を得て制作された新作とともに、シリーズ全5作品を新たに構成し直し⼀挙に公開。歴史上の偉⼈たちのあまり知られていない側⾯に光を当て、⽂化の違いや時空を超えて、我々の⽣きる「今」についての思索を促す《帰って来た》シリーズを包括的に捉えます。

2020 Inaugural Program [Autumn/Winter]

Tsuyoshi Ozawa

All Return: “Come back in a hundred years’ time. After a hundred years you’ll understand.”

2020.10.10 (SAT) ― 2021.3.21 (SUN)
Hirosaki Museum of Contemporary Art

For this exhibition, Ozawa’s first large-scale solo show in the Tohoku region, the artist conceived of a new work in the Return of… series, which deals with S.T., a modern-day figure associated with Hirosaki. Along with this new piece, for which Ozawa enlisted the cooperation of Iranian sign artisans and musicians, the exhibition includes all five works in the series in a reconfigured form. 

NEW
被爆75周年記念 収蔵作品展「リアリティを移す」

2020年7月23日(木・祝)- 11月3日(火・祝)

10:00 - 17:00(最終入館は16:30)

アートギャラリーミヤウチ2・3F展示室(2Fは半室のみ)

 

出品作家:伊藤隆介、小沢剛、沖中志帆、七搦綾乃、福井芳郎、殿敷侃、入野忠芳、灰谷正夫、久保俊寛、たべ・けんぞう、貫志朗、松尾裕人、舟越桂

de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築

2020年6月27日(土) 〜2020年9月27日(日)

10:00〜18:00(金・土曜日は10:00〜20:00)

金沢21世紀美術館

休場日:月曜日(ただし8月10日は開場)、8月11日(火)、9月23日(水)

 

de-sport: The Deconstruction and Reconstruction of Sports through Art

2020.6.27 (Sat.) - 2020.9.27 (Sun.)

10:00–18:00(until 20:00 Fridays and Saturdays)

Venue :21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

Closed:Mondays (open August 10), August 11, September 23 (Wed)

 

本展は、東京2020オリンピック・パラリンピックを翌年に控え、芸術の視点からスポーツの意味を問い直す展覧会です。展覧会名「de-sport」(デスポーツ)は、中世フランス語で「楽しむこと」を意味する「desport」(デスポール)」と、英語で「スポーツの解体・再構築」を意味する「deconstructed sport」(デコンストラクテッド・スポーツ)をかけあわせた言葉です。スポーツは、その起源をたどれば、「日常の労働から離れた遊び」を意味し、音楽や演劇、絵画、舞踏などの芸術も含むものでした。磨き上げられた身体と技巧を誇示し、勝敗を競うことをエンターテインメントとして商品化する現代のスポーツに対して、本展はその起源に立ち返り、芸術の視点から、遊戯、身体、国家、戦争、非言語コミュニケーションといった今日の諸問題などを映し出す社会的構造物としてスポーツを再考します。9カ国10作家の芸術的視点から解体・再構築されたスポーツをぜひ観戦してみてください。

 

In anticipation of the Tokyo Olympic and Paralympic Games next year, this exhibition sets out to reexamine the significance of sports from an artistic perspective. The title, de-sport, is a newly coined term derived from the medieval French word desport, meaning “to enjoy,” and the idea of dismantling and rebuilding sports, expressed by the phrase “deconstructed sport.”* In tracing the etymology of the word “sport,” one finds that it originally meant “an enjoyable diversion from routine labor,” and included artistic pursuits such as music, theatre, painting, and dance. In contrast to contemporary sports – a parade of consummate physiques and skills, and a commodification of competition as entertainment – this exhibition returns to the roots of sports and adopts an artistic viewpoint in order to reconsider these activities as social constructs that reflect various issues of the day, including play, the body, the state, war, and non-verbal communication. Don’t miss this chance to watch and experience sports, deconstructed and reconstructed from the artistic perspectives of ten artists from nine countries around the globe.