■最新情報 / Information

NEW

横浜トリエンナーレで展示中の「帰って来た」シリーズについてのレビュー
「小沢剛《帰って来たK.T.O.》、「コレクション+ アートの秘密 私と出会うための5つのアプローチ」

 

住友文彦(アーツ前橋)2017年09月15日号

コチラ

2007年よりチェン・シャオション(中国)、ギムホンソック(韓国)、小沢剛によって結成された西京人。

約10年にわたり協働で制作してきた作品の全体像を俯瞰できる初めての日本語版カタログ。西京人のメンバーと親交の深いホウ・ハンルウ氏(MAXXIローマ/イタリア、アーティスティック・ディレクター)、黒澤浩美氏(金沢21世紀美術館チーフ・キュレーター)のテキスト、主要参考文献、また展覧会で展示された3人それぞれの作品も収録。

 

『西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。』

発行:金沢21世紀美術館

判型:140x218mm

頁数:285頁

言語:和/英併記

価格:3,000円(税別)

お問合せ:金沢21世紀美術館 ミュージアムショップ TEL 076-236-6072

 

 

■展覧会情報 / Exhibition

NEW

ジャパノラマ―1970年以降の新しい日本のアート

2017年10月20日- 2018年3月5日

ポンピドゥー・センター・メッス(ロレーヌ地方、フランス)

主催:ポンピドゥ・センター・メッス、国際交流基金

キュレーター:長谷川祐子

 

大阪万博が開催された1970年以降の日本の現代美術、視覚文化を概観的に俯瞰する。約100人・組の作家による350点あまりの作品を紹介する大規模な展覧会です。 2018年の日仏友好160周年、また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックを前に、メッスにおけるジャパンシーズンの一環として日本の社会や文化への関心を喚起します。

 

小沢は初期の写真シリーズ「地蔵建立」を展示します。

 

Japanorama - new vision on arts in Japan since1970

20 October 2017 - 5 March 2018

Centre Pompidou-Metz in France,

http://www.centrepompidou-metz.fr/en/node/42512

Curated by Yuko Hasegawa

 

Featuring Japan’s whole artistic and architectural transformations from the post-war years up to now.

 

Ozawa will show his early photographic work – Jizoing.

会期が変更されることになりました。

決まり次第お知らせします。

 

NEW

ふぞろいなハーモニー

中間美術館(北京)

 

(2017年10月11日- 2018年2月4日)
主催:中間美術館、ゲーテ・インスティテュート

キュレーター:キム・ソンジョン、キャロル・インハ=ルー、ファン・チェンホン、神谷幸江

 

2017年10月11日から中間美術館(北京)で開催予定の展覧会は、社会的、政治的、さらにそうした変化をうけ文化的にも大きな変化の起こった現代への分岐点と言える1980年代末から90年代に注目し、この時代の美術動向を探求します。韓国、台湾、中国、日本それぞれの地域で当時アーティスト/グループによって美術表現を通じ新たな運動、試みが行われました。それぞれの動きは異なる動機による関わりない動向でありながら、社会政治的な変化に共鳴したという共通点と、その後加速するグローバルな動きに触発された交流も見出せます。

北京展では各地でそれぞれ一つの美術動向/グループ活動に眼差しを向け、その斬新な活動と意義、その後現代まで続く美術シーンに与えた影響を探求します。

 

Discordant Harmony

11 October 2017 – 4 February 2018

Inside Out Museum, Beijing

Organised by Inside Out Museum, Beijing / Goethe-Institut

Curated by Sunjung Kim, Carol Yinghua Lu, Chien-Hung Huang, Yukie Kamiya

 

NEW

Art and China after 1989: Theater of the World

2017年10月6日- 2018年1月7日

 ソロモン・R・グッゲンハイム美術館(ニューヨーク)

 

西京人の作品が展示されます。

 

Art and China after 1989: Theater of the World

October 6, 2017 –January 7, 2018

Solomon R. Guggenheim Museum, New York

 

more info

 

Art and China after 1989: Theater of the World is a major exhibition of contemporary art from China spanning 1989 to 2008, arguably the most transformative period of modern Chinese and recent world history. The largest show of this subject ever mounted in North America, it offers an interpretative survey of Chinese experimental art framed by the geopolitical dynamics attending the end of the Cold War, the spread of globalization, and the rise of China. The arc of this international history, beginning with the crushed utopianism of the nationwide democracy movement and culminating in the conflicted euphoria surrounding the Beijing Olympics, provides the framework for the Guggenheim’s show. Art and China after 1989 examines how Chinese artists have been both agents and skeptics of China’s arrival as a global presence, and seeks to reposition a Sinocentric art history in a way that sees China as integral to the emergence of the global contemporary. More to see

 

Xijing Men’s work will be exhibited.

 

ヨコハマトリエンナーレ2017「星と星座とガラパゴス」

2017年8月4日(金)‐ 11月5 日(日)

横浜美術館/横浜赤レンガ倉庫1号館/横浜市開港記念会館 地下 ほか

http://www.yokohamatriennale.jp/2017/index.html

 

■横浜美術館 会場

アイ・ウェイウェイ(艾未未)、青山悟、ジョコ・アヴィアント、ブルームバーグ&チャナリン、マウリツィオ・カテラン、イアン・チェン、サム・デュラント、オラファー・エリアソン、アレックス・ハートリー、畠山直哉、カールステン・ヘラー、トビアス・レーベルガー、 アンリ・サラ&リクリット・ティラヴァーニャ、マーク・フスティニアーニ、川久保ジョイ、風間サチコ、木下晋、マップオフィス、プラバワティ・メッパイル、ミスター、ケイティ・パターソン、パオラ・ピヴィ、ロブ・プルイット、アン・サマット、瀬尾夏美、ワエル・シャウキー、シュシ・スライマン、ザ・プロペラ・グループ、トゥアン・アンドリュー・グエン、タチアナ・トゥルヴェ、ザオ・ザオ

■横浜赤レンガ倉庫1号館 会場

青山悟、ドン・ユアン(董媛)、クリスチャン・ヤンコフスキー、ラグナル・キャルタンソン、小西紀行、プラバワティ・メッパイル、小沢剛、キャシー・プレンダーガスト、瀬尾夏美、照沼敦朗、宇治野宗輝、Don't Follow the Wind

■横浜市開港記念会館(地下) 会場

柳幸典

■会場間無料バス、みなとみらい駅コンコース

ジェニー・ホルツァー 

 

Yokohama Triennale 2017 "Islands, Constellations and Galapagos"

August 4 - November 5, 2017

Yokohama Museum of Art

Yokohama Red Brick Warehouse No.1

Yokohama Port Opening Memorial Hall (Basement)

and others.

http://www.yokohamatriennale.jp/english/2017/index.html

 

■Yokohama Museum of Art

AI Weiwei, AOYAMA Satoru, Joko AVIANTO, BROOMBERG & CHANARIN, Maurizio CATTELAN, Ian CHENG, Sam DURANT, Olafur ELIASSON, Alex HARTLEY, HATAKEYAMA Naoya, Carsten HÖLLER, Tobias REHBERGER, Anri SALA & Rirkrit TIRAVANIJA, Mark JUSTINIANI, KAWAKUBO Yoi, KAZAMA Sachiko, KINOSHITA Susumu, MAP Office, Prabhavathi MEPPAYIL, Mr., Katie PATERSON, Paola PIVI, Rob PRUITT, Anne SAMAT, SEO Natsumi, Wael SHAWKY, Shooshie SULAIMAN, The Propeller Group, Tuan Andrew NGUYEN, Tatiana TROUVÉ, ZHAO Zhao

■Yokohama Red Brick Warehouse No.1

AOYAMA Satoru, DONG Yuan, Christian JANKOWSKI, Ragnar KJARTANSSON, KONISHI Toshiyuki, Prabhavathi MEPPAYIL, OZAWA Tsuyoshi, Kathy PRENDERGAST, SEO Natsumi, TERUNUMA Atsuro, UJINO, Don't Follow the Wind

■Yokohama Port Opening Memorial Hall (Basement)

YANAGI Yukinori

■Free Shuttle Bus and Minato Mirai Station

Jenny HOLZER

東アジア文化都市「アジア回廊現代美術展」

2017819日(土)〜1015日(日)

二条城・京都芸術センター

http://asiacorridor.org/

  

「東アジア文化都市」とは、日本・中国・韓国の各国政府から選定された都市が、1年間を通じて文化芸術による多彩なイベントや交流を行うことにより、文化の力で東アジアの相互理解や連帯感の形成を促進するとともに、開催都市の更なる発展を目指す事業です。
京都市は中国・長沙市、韓国・大邱広域市とともに2017年の開催都市に選ばれ、伝統的な文化芸術、現代美術、舞台芸術、音楽、マンガ・アニメなど、幅広いジャンルの多彩なイベントを開催します。
また、長沙市、大邱広域市との文化交流を軸に東アジアの都市間交流を促進し、文化の力で日中韓の友好を深め、新たな活力を生み出していきます。

参加アーティスト西京人、草間彌生、堀尾貞治+現場芸術集団「空気」、今村源、中原浩大、三嶋りつ惠、やなぎみわ、伊藤存 、宮永愛子、花岡伸宏、久門剛史、谷澤紗和子、ヒスロム、中村裕太+谷本研、キムスージャ、チェ・ジョンファ、オ・インファン、ハム・キョンア、ミックスライス、ヒョンギョン、蔡國強(ツァイ・グオチャン)、楊福東(ヤン・フードン)、陸揚(ルー・ヤン)、何翔宇(ヘ・シャンユ)、陶輝(タオ・フイ)

Culture City of East Asia 2017 Kyoto - Asia Coridor: Contemporary Art Exhibition

19th August – 15th Ocober, 2017

Ninomaru Goten, Nijo Castle.  Kyoto Art Center

http://asiacorridor.org/

 

Asia Corridor Contemporary Art Exhibition is organized by the Culture City of East Asia 2017 Kyoto Executive Committee as a major program of Culture City of East Asia 2017 Kyoto running from mid August to October 2017, featuring a range of Japanese, Chinese and Korean artists at Kyoto Art Center and the UNESCO World Heritage Site, Nijo Castle (Nijo-jo).

 

Xijing Men, Kusama Yayoi, Horio Sadaharu + On Site Art Squad KUKI, Imamura Hajime, Nakahara Kodai, Mishima Ritsue, Yanagi Miwa, Ito Zon, Miyanaga Aiko, Hanaoka Nobuhiro, Hisakado Tsuyoshi, Tanizawa Sawako, hyslom, Nakamura Yuta + Tanimoto Ken, Kimsooja, Choi Jeonghwa, Oh Inhwan, Ham Kyungah, mixrice, Hyon Gyon, Cai Guo-Qiang, Yang Fudong, Lu Yang, He Xiangyu, Tao Hui