■最新情報 / Information

NEW

小沢剛「未来拓本ワークショップ」

7月18日(海の日)午前10時〜

 

 

コンクリート塀の小沢作品である福島由来の文字を拓本にします。

申し込みはこちらからどうぞ

https://business.form-mailer.jp/fms/607c1eb058213

講師=小沢剛

会場=昭和40年会男木学校

対象=小学生以上(※小学生は保護者同伴)

※動きやすく汚れてもいい服装をご持参ください。

https://www.facebook.com/showa40s/

■展覧会情報 / Exhibition

NEW

瀬戸内国際芸術祭2016

718日(月・祝)— 94日(日)

香川県・男木島

 

Official web site

http://setouchi-artfest.jp/

 

 

昭和40年会男木学校 PSS40

前回の芸術祭に続き、アーティスト集団の昭和40年会が学校を開設。今回は古い旅館が舞台となる。生徒も教師、教師も生徒をコンセプトに島の方々の話を聞いたり、みんなで生活の中の知識を学ぶコース、フリースクールや自由大学などについて考え、話し合うクラス、また、漁港に作品設置をするために男木島に欠けているものを考えるクラスなどを設定。会田誠は段ボールを使ったワークショップで参加者と滞在制作する。今年も昭和40年会のメンバー全員が、まじめでにぎやかな数々のプログラムを展開する。

 

Setouchi Triennale 2016

July 18 – September 4

Ogijima Island, Kagawa, Japan

 

Ogi School PSS40-The Group 1965

Continuing from the previous Triennale edition, The Group 1965 will once again set up a school. This time, the setting is an old inn. Based on the concept that students are also teachers, and that teachers are also students, there will be courses for studying life knowledge while listening to the stories of the islanders, classes for discussing and considering free schools and free universities, and seminars to discuss what is still missing from Ogijima as part of preparations for works to be installed in the fishing harbor. Together with workshop participants, Makoto Aida will work as artist-in-residence to create work using cardboard. Once again, all members of The Group 1965 are developing programs that are both serious and lively.

西京人—西京は西京ではない、ゆえに西京は西京である。

2016429() - 828()

金沢21世紀美術館

 

「西京」は架空の都市国家です。2007­‑‑年に小沢剛(1965年生まれ、埼玉県在住)、チェン・シャオション(­1962年生まれ、北京在住)、ギムホンソック(1964年生まれ、ソウル在住)の3人のアーティストが、西京から来た人を意味する「西京人」という名でコラボレーションチームを結成。北京でも東京でもソウルでもないアジアのどこかの国、「芸術を愛する人々が住む国」について物語るというプロジェクトをスタートさせました。西京は、現実からかけ離れた創造上の出来事というだけでなく、我々が生きる現代という時代を照射した物語として読むことが出来ます。今回はこれまでの作品の中から、《第3章:ようこそ西京に—西京オリンピック / 西京冬季オリンピック》《第4章:アイラブ西京—西京国大統領の日常》《第4章:アイラブ西京—西京国の学校》と、最新作となる《第5章:西京は西京ではない》などを発表します。また、同世代で同時代を生きる3人が、独立したひとりのアーティストとして発表してきた近作の中から、歴史への対峙や哲学的考察を含むインスタレーション、映像、絵画、パフォーマンスなどの作品も紹介します。 

 

Xijing Men Xijing Is Not Xijing, Therefore Xijing Is Xijing.

2016.4.29 (Fri.) - 8.28 (Sun.)

21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa

 

 

Xijing is a fictitious city-state. In 2007, the three artists, OZAWA Tsuyoshi (born in 1965 and currently residing in Saitama Prefecture), CHEN Shaoxiong (born in 1962­ and currently residing in Beijing) and Gimhongsok (born in 1964 and currently residing in Seoul) formed a collaboration team called Xijing Men meaning people who come from Xijing. The team started a project which tells the story of a city-state somewhere in Asia that is not Beijing, Tokyo or Seoul where art-loving people reside. The story of Xijing can be interpreted as a story irradiating modern society, not just a story of a fictitious state removed from reality. Here, out of their works, we proudly present Chapter 3: Welcome to Xijing- Xijing Olympics/ Xijing Winter Olympics, Chapter 4: I Love Xijing - The Daily Life of Xijing Presidents, and Chapter 5: Xijing is NOT Xijing; their latest work. Furthermore, out of the latest works created independently by each of these three artists of a generation living in the same age, we introduce works including installations which confront historic incidents and include philosophical considerations, project images, paintings and performances.