■最新情報 / Information

NEW

第1回グランド・ラウンドテーブル

「いま、福島からの演劇」

12月27日13:00-19:00

12月28日10:00-15:30

大和川酒造北方風土館 良志久庵(喜多方市)

主催:はま・なか・あいづ文化連携プロジェクト実行委員会


・平田オリザ(劇作家・演出家・こまばアゴラ劇場芸術監督)

・相馬千秋(アートプロデューサー・文化庁文化審議会文化政策部会委員)

・いしいみちこ(元いわき総合高校演劇部顧問・大阪府立大手前高校教諭)

小沢剛(アーティスト・東京藝術大学先端芸術表現科准教授)

・やなぎみわ(アーティスト・京都造形芸術大学美術工芸学科教授)

・小畑瓊子(朝日座を楽しむ会)

・三澤真也 (大宴会 in 南会津実行委員会) 

・島崎圭介(NPO法人ワンダーグラウンド代表) 

・佐藤雅通(福島県立大沼高校演劇部顧問)

・篠田直子(喜多方発21世紀シアター実行委員会)

○ 総合司会 赤坂憲雄


詳しくはコチラ

はま・なか・あいづfacebook


小沢は、12月28日(10:00〜12:00)に行われる第3部「福島に向かうアーティスト」のカテゴリで、震災以降、福島と関わりを持ちながら制作された『ベジタブル・ウェポン』、『帰ってきたDr.N』から『光のない。(プロローグ?)』をテーマに講演します。


NEW

南アフリカのウェブマガジン『One Small Seed』にベジタブルウェポンが掲載されています。

Web Mgazine "One Small Seed" in South Africa, carries Vegetable Weapon.

■展覧会情報 / Exhibition

Future Fiction

October 5, 2014 – January 4, 2015

Z 33 House of Contemporary Art, Hasselt, Belguim


 

 

 

Neïl Beloufa (FR), Nelly Ben Hayoun (FR), Blueprints for the Unknown (UK), Bureau Europa (NL) / Lara Schrijver (NL), Dept. Architectuur UHasselt (B), Theo Deutinger (AT), Dunne & Raby (UK), FoAM (BE), El Ultimo Grito (ES), Arne Hendriks (NL) / Monnik (NL), Shane Hope (US), Speedism (B/DE), Near Future Laboratory (CH/SP/US), Hans Op de Beeck (B), Pantopicon (B), The Extrapolation Factory (DE/US), Atelier Van Lieshout (NL), Chris Woebken (DE), The Xijing Men (JP/CN/KR), Liam Young (AU)

Curator: Karen Verschooren, Z33


「帰ってきたDr.N」展

20141018()2015112日(月)

10:0018:00

火曜休館

はじまりの美術館(福島県耶麻郡猪苗代町字新町4873

料金:500

 

The Return of Dr.N

18 October, 2014 – 12 January, 2015

10:00 – 18:00

Closed on Tuesday

Hajimar Art Center, Fukushima

(4873 Shinmachi, Inawashiro-machi, Yama-gun, Fukushima)

Admission: 500 yen


福島県猪苗代出身の細菌学者 野口英世。素晴らしい功績で知られる一方で、実は破天荒で人間的なエピソードに事欠かない側面もあった。現代美術家の小沢剛は、そんな野口の生涯を切り口に、彼が研究に向かった土地アフリカの看板職人とともに、フィクションを交えて物語を描いた。本展は2013年6月に横浜で行われた、第5回アフリカ開発会議にあわせ開催された企画展「帰ってきたDr.N」を、野口の出身地である猪苗代町での開催のために、作者・小沢自らの手でアレンジしたものである。本作は、過去と現代、史実と空想を行き来しながら、ガーナと日本、さらに福島の今について考えることへと誘う。

リー・ミンウェイとその関係展:

参加するアート―見る、話す、贈る、書く、食べる、そして世界とつながる

2014年9月20日(土)-2015年1月4日(日)

森美術館


台湾出身、ニューヨーク在住のリー・ミンウェイの個展に際し、小沢の作品も、リーの作品を歴史的、文化的な文脈から読み解く鍵となる「参照作品」として、白隠、鈴木大拙、イヴ・クライン、アラン・カプロー、リクリット・ティラヴァニらの作品とともに展示されます。


Lee Mingwei and His Relations:

The Art of Participation - Seeing, Conversing, Gift-Giving, Writing, Dining and Getting Connected to the World

September 20, 2014 – January 4 2015

Mori Art Museum


Lee Mingwei is a Taiwan-born artist living in New York. "Lee Mingwei and His Relations" will be the first major exhibition enabling visitors to experience comprehensively the most important works of his to date. My works will be also exhibited as a “reference works” with such artists as Hakuin, D. T. Suzuki, Yves Klein, Allan Kaprow and Rirkrit Tiravanija that provide clues to understanding the historical and cultural context of Lee's work.