■最新情報 / Information

■展覧会情報 / Exhibition

NEW

フードスケープ 私たちは食べものでできている


20161021日[金]~2017117日[火]

アーツ前橋

開館時間11時~19時(入場は1830分まで)

休館日:水曜日(1123日は開館、1124日休館)、年末年始(1228日-14日)

 

アート×食=皿の向こうに広がるものがたり
私たちの身体は日々の食事によってできています。食べることは命をつなぐだけでなく、楽しみや喜びを与え、いつも生きることの中心に位置してきました。また、最もシンプルで重要なコミュニケーションとして、家族や社会、自然や信仰、また文化や記憶といった様々なものと私たちを結びつけています。産業や技術が発達し、季節や時間を問わず何でも食べられるようになり、個人と食の関係は大きな変化を遂げています。だからこそ、私たちの身体や記憶の内側から自然環境や宇宙の拡がりまで、食べることと関係していることについて、見直してみることが必要ではないでしょうか。

「服の記憶-私の服は誰のもの?」(2014年)、「ここに棲む-地域社会へのまなざし」(2015年)に続く、「衣食住」をテーマとした展覧会の第3弾として、本展覧会では食べることの未来をアーティストの表現を通じて一緒に考えます。

 

Foodscape We are what we eat

Oct 21 (Fri.) 2016 – Jan 17 (Tue.) 2017
Venue: Arts Maebashi
Open hours: 11:00 – 19:00 (last entrance at 18:30)
Closed on Wednesdays 

 

We are what we eat. As the old saying goes, food/eating makes the core component of our life, with providing some fun and joy to us. It also serves as the simplest and essential form of communication that connects us with family and society, with nature, with belief, with culture or memories. Impacted by the development of industry and technology, any food is now available in and out of season, which has significantly altered the relationship between individual and food. Seeing such relationship afresh, extending from our body and memories to natural environment or universe, is surely important at a time of extraordinary change. Foodscape is to reflect on the future of food/eating through artistic expressions. This is in part third of the exhibition series dedicated to the subject of everyday life, following Wardrobe Memories (2014) and Living Locally (2015).Since 2013,Arts Maebashi has been carrying on a dining project Kaze no Shokudo :The Wind Restaurant to explore the current situation of regional food and agricultural culture with Fenrando Garcia Dory, Nanpushokudo and HOO. Landscape and food works. These artists also join the exhibition. 

NEW

高橋コレクション:マインドフルネス!2016

2016113日[木・祝]〜2017122日[日]

高知県立美術館

 

日本屈指の現代美術作品コレクター・高橋龍太郎氏の2500点を超えるコレクションより日本の現代美術を牽引してきた作家から若手作家まで31名、83作品を展示。

 

TAKAHASHI COLLECTION 2016: Mind Fullness

November 3, 2016 – January 22, 2017

The Museum Of Art, Kochi

NEW

さいたまトリエンナーレ2016

2016924日[土]- 1211日[日]

定休日:水曜(ただし11/23[水・祝]は開場、翌11/24[木]は閉場)

開場時間:10:00-18:00(入場は17:30まで)

鑑賞無料

開催エリア=与野本町駅〜大宮周辺、武蔵浦和駅〜中浦和駅周辺、岩槻駅周辺

 

++小沢作品の展示場所++

岩槻エリア:旧埼玉県立民俗文化センター(岩槻駅から無料シャトルバス定期運行)

詳細はコチラ

 

歴史上の実在する人物を題材に、事実とフィクションを重ねあわせて物語を構築するインスタレーション「帰ってきた」シリーズのさいたま版。アジアと国内に取材した新作を発表。

野口英世をモデルに福島とガーナを結んだ「帰って来たDr.N」(2013年)、藤田嗣治をモデルに従軍画家の生涯を描いた「帰って来たペインターF」(2015年)に次ぐシリーズ第三弾。フィリピンと日本、そしてさいたま市を結ぶ人物J.L.とは?

 

SAITAMA TRIENNNALE 2016

24 September – 11 December, 2016

Yonohonmachi station area – Omiya station area
Musashiurawa station area – Nakaurawa station area
Iwatsuki station area

 

more info

 

++Ozawa’s work ++

 The former Saitama Prefectual Folklore Museum is located 1.5 km away from Iwatsuki station.

(You can take free shuttle bus from Iwatsuki station)

 

Closed

Wednesday
*When is a national holiday, closed on the following weekday instead.

 

Ozawa will present Saitama version of‘ The return of’ series; an installation work made up of the mixture of real story about the historical figures and fictional elements, based on his research both in Asian countries and Japan.